>

長時間調査するかもしれない

同じ場所を張り込む場合

ずっと同じ場所を張り込んだり、ターゲットについて行くためにいろんなところに行ったりする場合もあります。
ですから集中力を持って、根気強く調査を進めなければいけません。
すぐに諦めて、ターゲットは潔白だと依頼人に伝えないでください。
もっと調査を続けていれば、ターゲットが浮気相手と密会するかもしれません。
証拠をしっかり掴んで、依頼人に正真実を教えましょう。

すばやく調査をすることは重要ですが、正しい結果を得られなかったら意味がありません。
依頼人が焦っている場合でも、探偵まで焦らないでください。
前もって、調査の結果が出るまでに時間が掛かると伝えておきましょう。
それを了承してもらったら、調査を開始してください。

必要な道具をしっかり扱う

発信器や盗聴器など、調査を進めるために必要な道具があります。
機械の扱いが苦手な人は、探偵になるのは難しいので操作方法を覚えてください。
またターゲットに気づかれないよう、発信器を取り付ける必要があります。
気づかれたら、そこで依頼は失敗になるので注意しましょう。
どこに取り付ければ気づかれないのか、勉強してください。
探偵事務所で働き始めたばかりの頃は、先輩の方法をよく見ましょう。

すると正しい機械の扱い方から、取り付け方まで把握できます。
先輩のマネをすると、すぐに成長できるでしょう。
早く一人前の探偵になれるように、機械をうまく使いこなしてください、
機械の力を借りることで、難しい調査でも正しい結果を得やすくなります。


この記事をシェアする